Month: 2月 2016

週末は韓国へ!楽しみイロイロ、韓国旅行のススメと注意点

日本のお隣であり、人気の海外旅行先である国・韓国。一時の「冬ソナブーム」よりは落ち着いたとはいえ、その魅力に取りつかれて、リピーターとなる方も少なくありません。皆さんの周りにも、「週末、韓国行ってきちゃって」なんて言いながら、お土産を配ってくれる方、いらっしゃいませんか?行けば思わずハマってしまう…そんな韓国の楽しみ方や、旅行の際の心構えについて、簡単におさらいしてみましょう。

楽しみ方イロイロの韓国


韓国旅行と聞いて、あなたがイメージするものは何でしょう?史跡や観光地へ出かけるのは勿論ですが、とにかく色々な楽しみ方ができるのが、韓国旅行の魅力のひとつです。
老若男女みんなで楽しめるものの定番といえば、やはり焼肉。日本ではすっかり高級品になったユッケや、違法グルメとなってしまったレバ刺し、定番のプルコギやサムギョプサル等々…。考えただけでヨダレが垂れそうなお肉系メニューをがっつり頂くのも、立派な旅の目的になるでしょう。
美容に敏感な方には、エステの体験ツアーもおすすめ。日本でもすっかりおなじみとなった韓国コスメも、現地なら更に割安で手に入ります。勿論、国内にはまだ上陸していない新商品に出会える可能性もありますよ。
スポーツがお好きな方には、韓国プロ野球の観戦もおすすめです。近年は日本でも韓国人選手の活躍を見ることができますが、韓国プロ野球は、日本やメジャーリーグとはまた違った雰囲気。特徴的なのは、内野席にも盛大な応援エリアが設けられていることでしょうか。大声援・大音量の中で気迫のプレーを見せてくれる選手たちの、メンタルの強さにも驚くかもしれませんね。
勿論、韓国ドラマのロケ地先巡りもまだまだ人気です。演劇以外にも、K-POPアーティストの「聖地巡り」も楽しいことでしょう。

ちょっと気を付けたい…韓国のお手洗いのハナシ


海外旅行のオキテといえば、「郷に入っては郷に従え」。その国にはその国のルールがあるもので、隣国とはいえ、日本と異なる文化・習慣は少なくありません。そして、韓国旅行の際に気を付けておきたいのが、お手洗いについてです。
韓国のお手洗いは日本と同じく、基本的に水洗式。但し、水道事情のため、基本的にトイレットペーパーを流すことができません。無理やり流してしまおうとすると、管が詰まったり、機器が破損してしまったりといったトラブルの原因になることも…。
では、使用後のトイレットペーパーはどのように処理するのかというと、多くの場合、専用のごみ箱へ入れることになるのです。そのため、日本のお手洗いに比べれば、ちょっとニオイが気になるかもしれません。
しかし、近年は日本からの観光客の増加に伴い、日本式の(つまり、使用後のトイレットペーパーを流すことのできる)トイレも増えているとのこと。特に大型商業施設や著名なレストラン等、日本人観光客の多いエリアでは、その普及も著しいようです。お出掛けの際には、事前にその周辺エリアの、「評判のいいトイレ」を知っておくことも大事です。

片道およそ2時間半!弾丸ツアーもできちゃう韓国


そんな韓国は、日本から飛行機で片道約2時間半。但しこれは、羽田―ソウル間の場合です。日本のどの空港から出て、韓国のどの空港に着陸するかによっても飛行時間は変わってきますが、基本的に韓国は「日帰り圏内」だと思ってOKな旅行先であると言えるでしょう。中には、韓国行きの日帰り弾丸ツアーを組んでいる旅行会社も。朝イチで日本を出て、昼食・夕食を韓国で楽しみ、その日のうちに帰ってくる…なんて、濃密な週末を過ごすことも可能です。
旅行関連の口コミサイト等には、韓国弾丸ツアーの達人とも呼ぶべき猛者たちの、旅行体験記も多数掲載されています。先人の貴重な意見を参考に、今週末にでも、あなたも韓国旅行を計画してみませんか?

ホテル予約サイトは海外か国内か?!最安値を見極める必勝法

ビジネスや旅行など、ホテルを利用する機会は1年の間でも意外とあるものです。でも、ホテルの料金は旅行費用全体の半分くらいを占めてしまうちょっと厄介な存在ですよね。安くて質の高いホテルに泊まりたいというのは多くの人の本音だと思います。そこで、自分の泊まりたいホテルのグレードの中で、最も安い価格を提供しているのはどこかを見極めるヒントをお送りします!

低価格で泊るなら日本のサイト


ホテルの予約サイトは、世界中のどこの国のホテルでも掲載しているインターナショナルなものと、国内向けのナショナルなものの大きく二つに分けることができます。国内旅行や仕事で日本中を出張をする際には、国内の予約サイトを使うと良いでしょう。代表的なものは「るるぶ」「じゃらん」「楽天トラベル」でしょうか。
国内予約サイトを利用する理由の一つはその価格の低さです。試しに同じ日の同じホテルの料金を国内予約サイトと海外予約サイトで比較してみました。その結果、上の3つの国内サイトの値段はほぼ同じで横並びでしたが、海外予約サイト「エクスペディア」「agoda」「booking.com」でも同じホテルを見てみると、値段は結構バラバラ。その理由は海外のサイトの場合、その会社がある国の通貨で値段を出しているので、為替の計算の仕方によって値段に違いが出てくるのです。例えばbooking.comではユーロ、agodaではドルなどです。以上海外3サイトの結果は、1つが日本の予約サイトと料金が一緒、2つ目が日本のより70円ほど高く、最後の1つは円安の今料金がかなり高く感じました。最安値で宿泊したい場合、このようにいくつものサイトを比較してみて回ることはとても大切になります。

価格だけではない?国内サイトの魅力


どの予約サイトもポイントが貯まる仕組みになっていますが、ポイントは放っておくといつの間にか消えていきます。そんなにしょっちゅうホテルを利用しない人は、ポイントを使った経験がないのではないでしょうか?せっかくポイントを貯めても使わなかったら何のお得感もありません。
ポイントの多くは次回の宿泊料金を割引にするなど、そのサイト内でしか使えないものですが、国内予約サイトのじゃらんでは、ガイドブックや1泊2日の一人旅などのグッズに交換することができます。無理にどこかに旅行を計画しなくてもポイントが使えるのはありがたいですね。

日本語サイトが充実している海外のサイトも利用価値あり!


先ほども書いた「Expedia」「agoda」「booking.com」は、海外のホテル予約をする際に結構使えます。インターナショナルに展開しているので、どこの国のホテルでもピンからキリまで幅広く検索することができるのが魅力的です。また、複数の国に出張へ行くビジネスマンや世界中を旅行して周るのが好きな方は、特定の予約サイトを贔屓にすれば自ずとポイントが貯まるのでかなりお得になります。
海外へ行く際は航空券と抱き合わせで買うと宿泊料が安くなるサービスもあるのでぜひ活用しましょう。特に国際線の航空券はホテルより単価が高くポイントがごっそり貯まります。貯めたポイントで次回の宿泊料金を割引できれば、これ以上ない格安の値段でホテルに泊まることができます!

語学に自信があればその国の国内予約サイトを


例えばアメリカに銀行口座を持っており英語も問題なく扱え、アメリカに旅行や出張へ行く予定があるのなら、アメリカ国内にあるホテル予約サイトを使わない手はありません。日本で国内予約サイトを使うメリットはすでに説明した通りのことで、外国でも国内サイトを使う利点は同じことなのです。現地の通貨で支払いをするのですから、余計な為替手数料を取られる心配がないのも嬉しいことです。

アメリカでも大人気!Ninjaを巡る、伊賀の旅!おすすめのスポット3選

表に姿を現すことなく、忍びの者として、舞台の裏から活躍を見せる忍者。アメリカでも一大ブームを巻き起こした忍者たちの活躍の舞台として知られる伊賀の町で、忍者を満喫できるおすすめのスポットを3つご紹介します。

これが忍者だ!日本人なら知っておきたい基礎知識


忍術という独自の方法で敵と戦う忍者は、三重県伊賀地方と滋賀県甲賀地方から発達した、忍術を使用する人たちのことを言います。忍者の二大流派とも言われる伊賀の忍者と甲賀の忍者とでは、その歴史とともに、忍術の内容にも違いがあると言われています。忍者は、むかし、戦いの場において敵の様子を探り、秘密としている情報を集めてくる密偵を役割として存在していました。別の人であるかのように顔形や服装を変える変装術などをはじめ、さまざまな忍術を多用して、人目に触れぬように身を隠しながら、表の人たちを支えていました。他国にはない日本独特の文化とも言える忍者は、アメリカをはじめ、海外からも多くの注目と人気を集めています。中には、未だに日本では忍者が活躍していると信じている人もいるようですよ。

まずは、忍者について学んじゃおう!初心者から上級者まで楽しめる「伊賀流忍者博物館」


伊賀市上野丸之内にあり、伊賀鉄道上野市駅より歩いて約5分のところに位置する「伊賀流忍者博物館」では、ワナやからくりが仕掛けられた典型的な忍者屋敷の中を女忍者くノ一に案内してもらいながら、活躍していた当時の生活の様子をじっくりと見学することができます。さらに、伊賀忍者が上野城に潜入する様子を映像化したビデオを観賞することができたり、当時、実際に使用されていたという貴重な忍具を目にしたりすることもでき、忍者好きにはたまらない時間を過ごすことができますよ。敷地内にある忍術体験広場では、忍具がどのように使用されていたのかを迫力満点のショーで見ることができます。さらに、上級者には、忍者伝承館で、忍者について記された古文書の中身を科学的に解説した貴重な説明を受けたり、暗号や人相学などの忍術、当時の日常生活、忍者たちの知恵などを知ったりすることができる、貴重な資料を見たりすることもできます。忍者について学び、忍者気分が高まったら、衣装から忍具まで揃ったNINJA坊で、ここでしか手に入らないグッズを手に入れることも可能ですよ。

忍者になった気分で城に潜入!?白鳳城の異名を持つ美しき城「上野城」


伊賀流忍者博物館で、城に潜り込む忍者の様子を流したビデオを観賞したら、そのまま、映像に登場した上野城へ行ってみてはいかがでしょうか。上野城は、伊賀博物館と同じく、上野公園内にあるため、併せて楽しむことが可能ですよ。白い三層に重なる城郭が美しく映える上野城は、その姿から、「白鳳城」とも呼ばれ、高さ30メートルもある石垣は、日本で3本の指に入る高さを誇っています。これだけの高さの石垣を乗り越えて城への潜入を試みたと言われる忍者たち。戦国時代にタイムスリップした気分で、忍者の偉大さを感じながら、当時の様子を思い浮かべて、忍者が忍び込んだ城に自ら足を踏み入れてみてはいかがでしょうか。上野城の3階からは、城下町の光景を一望することも可能です。

忍者たちが行き来した峠!?伊賀と甲賀を結ぶ御斎峠を歩く


織田信長が、家臣であった明智光秀に反乱を受け襲われた本能寺の変で、堺に身を置いていた徳川家康が、地元岡崎まで、かろうじて逃げ帰る際に通ったと言われる場所が、三重県伊賀市と滋賀県甲賀市を結ぶ道に位置する御斎峠です。御斎峠のあるこの道は、ウネウネとしたカーブも多く、とても複雑でしたが、そのような道を歩いて、家康が無事に岡崎まで戻ることができたその裏には、忍者の支援があったと言われています。甲賀と伊賀を通りぬけ、三河に着くまでの長距離を、現在知られる一番有名な忍者、服部半蔵をはじめとした伊賀の忍者たちが導いたことで家康の命が守られたと言われているのです。御斎峠は、伊賀忍者の生き残りを主役に描かれた映画「梟の城」のオープニングでも登場する、ロケ地でもあります。峠から伊賀の町を眺めて伊賀忍者の気持ちを想い、当時の活躍を感じながら、是非一度、御斎峠を越えてみてはいかがでしょうか。

快適な空の旅のために!エコノミークラス症候群を防ぐ

皆さん、エコノミークラス症候群ってご存知ですか?その名もずばり、飛行機のエコノミークラスを利用する人に多く現れる症状のことなのです。「え?怖い!それならビジネスクラスにする!」と思っても、残念ながらビジネスクラスでもファーストクラスでも、かかりづらいというだけで、症状を発症してしまう時は発症してしまうのです。
ではどうやったら症状が出ないようにできるのでしょうか?その秘訣をここでご紹介します!

なぜエコノミークラス?


エコノミークラスは、ビジネスやファーストクラスに比べて座席の間隔が狭く、窓際や真ん中の席に座った人は自由に通路に出て歩くことは難しいです。そのため飛行時間の大半を座席に座って過ごすのですが、そのような長時間同じ姿勢でじっとしているとエコノミークラス症候群が発症してしまうのです。
エコノミークラス症候群は別名「静脈血栓塞栓症(じょうみゃくけっせんそくせんしょう)」と呼ばれます。漢字で書かれるとなんとなくどのような症状なのか推測できますね。つまりこの症候群は、ずっと座っていると血液のめぐりが悪くなり、静脈に固まった血の塊(血栓)ができて、静脈を狭くしたり塞いでしまったりという結構恐ろしい疾患なのです。この疾患にかかるとしびれや皮膚炎症が引き起こされ、肺に血栓が及んでしまうと動悸、呼吸困難、血圧低下など非常に危険な状態になります。この病気の恐ろしいところは突然死もあり得るということ。旅行は家に帰るまでが旅行なので、楽しい旅行を実現するためにもエコノミー症候群にかからない行動を起こしましょう!

同じ姿勢を保たない


日本人は微動だにせず同じ姿勢をじっと保つことに美を感じるのですが、飛行機に乗っている間は脱日本人!できるだけ体を動かすようにしましょう。特に血栓は下肢に出やすいので、立ち上がって歩いたり、着席中は足を浮かせて簡易なストレッチをしたりするなど、運動することを心がけます。エコノミークラス症候群が怖いからといって、ベルト着用サインが消えている間常に通路をうろうろする必要はありません。突然の揺れに備えられずかえって危険な目に合いますので、立ち上がっての運動はせいぜい数時間に1度程度、その他の時間は座席でシートベルトを締めた状態でストレッチしましょう!

水分補給は血の巡りを助ける


飛行機に乗ると鼻や喉が乾燥して痛くなった経験をしたことってありませんか?機内はとても乾燥しており、ただでさえ水分が不足しがちです。そこで水分補給を怠ってしまうと体にとってはダブルパンチ!血はどんどん濁ってしまい、血栓へ待ったなしです。また、窓際の人で「トイレに行くのが申し訳ないから…」という理由で水分をわざと摂らないなどはもってのほか。もしも倒れたり死んでしまったりしたら、申し訳ないどころではなく、周りの人に一生もののものすごいトラウマを与えてしまいます!お互い様なので気にせず水分を摂ってトイレに行きましょう。
さて、搭乗時に摂るべき水分ですが、液体ならばなんでも良いというわけではありません。ビールやワインのアルコール類や、コーヒーやお茶のカフェインを含んでいる飲み物はなるべく多く飲まないようにしてください。なぜならアルコールとカフェインには利尿作用があるので、飲みすぎるとしょっちゅうトイレに行くこととなり体から水分がどんどん抜けて行ってしまいます。トイレに行くたびに機内を運動できるのは良いのですが、喉が乾いたらまずお水を飲みましょう。
長距離フライトの場合機体の最後部に軽食が用意されていることがあります。お水だけを飲むのが苦手な人は何か食べながら飲んだり、カップラーメンが置いてある時はスープとして水分をしたりするのも一つの手ですよ。

予約はお早めに!2016年GWオススメ観光スポット!

みなさんは、2016年のゴールデンウィークに、何をして過ごす予定ですか?GWなんてまだ先!と思っていても、気づいたときには「行きたい旅行先が予約でいっぱいだった」なんてこともよくありますよね。そんな今回は、2016年GWオススメ国内旅行スポットを目的別にご紹介いたします。最近話題の人気スポットもご紹介しますので、要チェックです。

不動の人気を誇る草津温泉でリフレッシュ


行きたい温泉地ランキングで、常に上位にランクインする群馬県にある草津温泉。草津温泉と言えば、冬に雪見露天風呂を楽しんだりスキーやスノーボートを楽しむ学生などで賑わったりというイメージがありますが、春の暖かい時期に温泉街を散策する旅も、とっても人気があるんです。

日中は温泉街を散策&食べ歩き!


草津温泉の観光スポットと言えば、温泉街の中心地、湯畑。硫黄の匂いと湯けむりが舞う湯畑には、薬効成分が含まれている為、周囲を散歩するだけでお肌がプルプルになりそうです。そして、湯畑の周辺には無料で入れる足湯や手湯、そして混浴場があるので、そちらも見逃せません。

2016年3月開業「北海道新幹線」に乗って北海道へ


2015年に首都圏と北陸を直結させた北陸新幹線が開業し、一躍話題になりましたね。昨年に引き続き、今年は3月に北海道新幹線が開業し、東京から新函館北斗まで約4時間で到着するそう。乗り換えをする必要もないため、今後は観光スポット満載の北海道へ行く機会が益々増えるのではないでしょうか?そんな北海道では、GWシーズンに様々なイベントを開催しています。

北海道ならではのイベントを堪能しよう


函館市にある五稜郭公園では、毎年5月下旬まで夜桜ライトアップが行われています。4月下旬ころから約1600本のソメイヨシノが一気に開花し、星形の稜郭を埋め尽くすほどに咲き誇ります。函館市内では、花見スポットとして毎年大人気だそうです。日中にお花見として訪れるのも良いですが、園内にある五稜郭タワーからライトアップされたソメイヨシノを一望するのもロマンチックですね。

富士山を見るなら三島スカイウォークへ


約3年の工事期間を経て2015年12月にオープンした静岡県の三島スカイウォーク。日本にある人口吊り橋の中では最長の400mという長さをもつ巨大吊り橋です。こだわりのコーヒーやスイーツが堪能できるカフェや、地域の特産物を販売するショッピングエリアも併設されているため、ゆっくりと滞在することができます。天気の良い日には、比較的混雑するようですが、広い駐車場やトイレもしっかり整備されているため、安心です。

富士山をはじめ、自然の名所を一望


三島スカイウォークには展望デッキがあり、とても高い位置から美しい自然を見下ろすことができます。天気や季節によって見える景色が変わるため、一年に何回か訪れて自然の変化を楽しむにも良さそうです。富士山をはじめ駿河湾、そして伊豆の山々を一気に堪能できる場所は、ここ三島スカイウォークだけではないでしょうか。
昨年のゴールデンウィークは久しぶりの5連休となり、海外に足を運んだ方も多いのではないでしょうか。2016年は、お休みをとれば大型連休になりそうですが、一般の方は残念ながら3連休と少々短めです。貴重な連休だからこそ、事前にしっかり予定を立てて休みを堪能したいですよね。人気の観光スポットは、国内外問わず予約が殺到しますので、早めに予定を立ててステキなゴールデンウィークを過ごしてくださいね。

© 2017 散歩ベイビー

Theme by Anders NorenUp ↑