大型連休を前にすると増えてくる、海外旅行に関するニュース。空港でインタビューを受ける方たちは皆さん、大きなスーツケースを手に、行き先について話していますね。ハワイ、グアム、アジアにヨーロッパ…。旅路にワクワクする姿はとっても楽しそうですが、でも、ちょっと待って。その旅行、ちゃんと保険を掛けていますか?

クレジットカードの海外旅行保険サービスとは?


短期の海外旅行に際して、わざわざ保険を契約する…というのは、ちょっとお金がもったいない気がして、抵抗があるという方もいらっしゃるかもしれませんね。そんな方は一度、所持しているクレジットカードに海外旅行保険がついていないか、確認してみてください。カードによっては、申し込み等不要で自動的に、海外旅行中の事故や怪我に対応してくれる場合もあるんです(別途申込みや、当該カードでの旅行代金支払いが必要な場合もあります)。
但し、カード付帯の旅行保険には、独特のルールがある場合も少なくありません。具体的な例について見ていきましょう。

ケガや病気の際の補償に注意!


クレジットカード付帯の海外旅行保険を利用する際に気を付けておきたい場面のひとつが、旅行先でケガや病気になった時の対応です。
まず、支払方法について。クレジットカード付帯の保険の場合、現地での治療費は基本的に、いったん自身で立て替える必要があります。勿論、帰国後に手続きをおこなうことで、保険金を請求することが可能です。但し、現地であまり現金を持ちたくないという場合などは、注意しておきたい部分ですね。
次に、保証金額について。これは治療費の立て替え払いにも関することですが、海外での治療費は日本国内で同様の処置を受けた場合に比べて、高額になるケースが多いと言われています。日本の場合、強制加入の健康保険制度がありますから、個人負担となる医療費は一般的に3割と、かなり軽減されています。しかし、この負担割合は国や地域によって違います。10割負担の国であれば、単純に計算して、日本で診察等を受ける場合の3倍以上の金額が掛かることになります。それ以外にも、入院が必要になった場合に掛かってくる延泊費用や渡航費用、薬代がかさむことも…。こうした出費が積もっていけば、クレジットカード付帯の保険だけでは、その上限に達してしまうこともあるのです。
そして最後に、補償範囲について。クレジットカード付帯の海外旅行保険サービスの場合、疾病の内容や程度によっては、補償の対象外となる場合があるのです。勘違いが多いのは、緊急の歯科治療費。歯科治療費に関しては、多くのカードで補償の対象外となっているのです。急に歯が痛くなって医院へ飛び込んだは良いけれど、後から請求できなかった…なんてことになっては、歯だけでなく、お財布も痛い思いをしてしまうかもしれません。

心配なら保険商品も利用して


いかがでしたでしょうか。クレジットカード付帯の海外旅行保険は、特別な申し込みや審査等なしで、もしもの場合の支払い額をサポートしてくれる、心強い存在なのです。楽しい旅の準備に追われて、保険のことまで考えていなかった!…なんて場合も、即味方になってくれるのはありがたいですね。
旅好きな方であれば、新規にカードを申し込む際、海外旅行保険の有無は確認必須!既にカードを持っているという方でも、ご自身が契約しているカード会社で保険を利用する場合は、どんな条件となるか予め確認しておくとよいでしょう。カードによっては、旅行中の盗難や携行品の破損についても、フォローしてくれる場合もありますよ。
それでも、カード付帯の保険だけでは不安…という場合は、保険会社が取り扱う、短期の海外旅行保商品を追加購入しておくこともオススメします。申し込み窓口は豊富で、保険会社まで問い合わせなくても、コンビニ店頭で契約することも可能です。また、一部空港内に設置されている専用の受付機なら、旅行当日の申し込みもOKです。
せっかくの海外旅行ですから、不安な気持ちは荷物に含めず、身軽に楽しみたいもの。アクシデントへの備えは万全にして、素敵な思い出を作りましょう!

タビマスターズ