一人旅で旅行に行った時に、誰にどんなおみやげを買えばよいのか、誰にも相談できなくて迷うことがありますよね。
おみやげは渡す相手によって、色々と考えた方がよさそうです。今日は、渡す相手別にどんなおみやげを選べばいいのか考えてみました。お土産のポイントが絞れれば旅も楽しくなるかもしれません。

会社の上司にオススメのもの

直属上司には、少し特別感を出して、「あなただけに」という雰囲気をかもしだした方が、後の仕事もスムーズに進みそうです。今後、また休みを取りたいときにも休暇申請が出し易いかもしれません。
上司に妻子があるのであれば、家族で楽しめるおみやげがオススメです。一番無難なのはお菓子!お子さんに特化するのであれば、かわいらしいぬいぐるみなども良いでしょう。
いつも奥さんのことを自慢するような愛妻家の人へは、奥さんへの化粧品などを渡してみるのも、良い方法です。
上司が独身の場合、お酒が好きな人であれば、地酒などをおみやげとするととても喜ばれます。海外旅行などであれば、現地でしか買えないウイスキーやワインなどは喜ばれます。
妻子があっても独身でも、「あなただけに買ってきました」と感じられるものが良いでしょう。

会社の同僚には?

同僚に買うものはあまり難しく考えなくて良いのではないでしょうか?
職場のみんなで分け合うもが好ましいので、お菓子の詰め合わせなどが良いでしょう。ここで気をつけたいのは、詰め合わせの数が、職場の人数分以上あることです。できる限り、たくさんの数が入っているものを選ぶのが良い方法です。
また、これまでほかの人が買ってきたおみやげの評判を覚えておくのも大切です。意外と、おみやげの評価はシビアです。自分が買ってきたおみやげであると、自分に意見が言われることはありませんが、他の人のおみやげだと、「これあまりおいしくないね」なんて意見を聞くことができます。
結構、誰もが買ってきたことのないような珍しいものを買ってきて、実際は美味しくなくて失敗した!などの例も多数あります。しっかりと味見してから購入するのが得策です。
案外、ポピュラーな銘柄のお菓子の方が喜ばれることが多いので、オススメです。

親しい友人には?

友人へのおみやげも、友人に子どもがいるかどうかによって変わってきます。
子どもがいる場合は、子どもに焦点を当てた方が良いでしょう。可愛らしいマスコットやぬいぐるみなどはどうでしょうか?
子どもがいない場合は、親しい友人であれば、その人の好みは良く知っているはずです。その人が喜びそうなグッズを見つけるのがオススメです。できれば、食べてなくなってしまうようなものではなく、思い出に残るようなアクセサリーや小物などが良いでしょう。
友人の分と自分の分とペアで購入してくれば、友情も一層深まりそうですね。
時々、旅先で感動した景色を見せたいと思い、絵葉書など買ってくる人もいますが、それはやめた方が無難です。自分は旅行に行けなかったのにと、ひがまれてしまうかもしれません。
やっぱり、「あなたのために買ってきました」と感じられるものがよいでしょう。

また快く旅行に送り出してもらえそうな環境づくりが大切

たとえば、社会人であれば旅行するのに休暇を取得した人もいるかもしれません。その間、周囲の人には自分が休んでいる分をフォローしてもらったわけです。
旅行から帰ってきたときには、そのフォローしてくれた人たちに気持ちよくおみやげを渡し、喜んでもらいたいものです。
会社の上司や同僚、友人などへのおみやげを考えながら、旅行すれば、観光地のおみやげ屋さんで、「これちょうどいい!」という一品を見つけやすくなります。
今後も旅行に行きやすい環境づくりを行うためにも、喜ばれるおみやげを用意してみてはいかがでしょうか?

タビマスターズ